絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2004/8/25  正規表現と神経回路網

 あいもかわらず絶望書店をほったらかしにして余処様のサイトの手伝いばかりをしておりまして、夏には終わるだろうと想っていたのですが、やればやるほど仕事が減らずにどんどん増えてゆく。まったく、どうなっておるのやら。
 おもにこっちゃのものをあっちゃに持っていくという作業のため、正規表現をこしょこしょいじってばかりの日々であります。
 正規表現というのは、特定の配列の文章を検索して書き換えたり順番を入れ替えたりとかいろいろ加工するための手法でありますな。

 そんなときにうちにリンクを張っていただいたこちらのページをぼーと眺めていたら、そもそも正規表現は、人体の神経回路網を数学的に説明するための方法として開発されました。なんてな文章に行き当たりました。
 うーん、こんな面白げなことは初めて聞いたぞ。ほんまかいな。
 正規表現と神経回路網というのがどう繋がるのかどうもよく判らんな。流れる信号のパターン処理ならともかく、網に正規表現か。
 単純に検索した限りではウェブ上に情報は出てこんな。

 あたしはUNIXの成り立ちみたいな本を読んだことはまったくないので、世間的には有名な話なのやも知れん。また、調べてみたら当たり前の使い方をしているだけのような気もする。
 こういう正当な智識無しで、正規表現と神経回路網ということを掘り下げてあれこれ考えみたほうが、なにやらぶっ飛んだ新しい概念が生まれそうな気も。
 もうちょっとでなんか出てきそうなんだが、もひとつあたしの頭の中では新しい経路の神経回路網が結ばれんな。まあ、そのうちなんか出てくるだろう。べつに出てこなくともよいし。
 はたまた、こうやってウェブ上にお題を出しておけば誰かがなんか想い付くやも。もっとも、ウェブ上でこういうぐあいに情報がぶつかり合って有機的な新しい神経回路網が結ばれたなんて例はいまところあたしは識らんが。

 ウェブの神経回路網を数学的に説明しようとする試みがすでにあるのかないのか識りませんが、いまのところウェブは同じような情報がぐるぐる廻っているだけで、パターンは単純で、わざわざ難しい正規表現なぞ持ち出すまでもありませんな。
 もちろん、物理的な網ではなく、内容の意味の部分の話ですが。
 生物の神経回路網の進化から見て、現在のウェブはこの生物と同じぐらいの段階であるとかいうような研究はあるのでしょうか。