絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2004/7/7  未映子はじめました

 以前に未映子のことを記してから4ヶ月、いまだに未映子公式サイトは検索拒否をしておる。
 ずっと考え続けてきたのだが、どうにも理由が判らん。判るのはなんらかの意図を持って営業妨害工作をしている人物が内部にいるということだ。
 あれだけの力のある日記であれば、ただふつうに検索可能になるだけのことでファンは現状より最低でも1万人は増えて、CD売上げも少なくとも3千枚は加算されることであろう。つまり、この人物はわざわざ検索拒否をすることによって1千万円規模の損害をビクターエンタテインメントと未映子の事務所、並びに未映子に与えているわけである。
 いったい何者が何の目的でこのような犯罪行為を行っているのかはっきりさせるさせるために、そしてなによりも未映子の文章を検索可能にして大勢の方に読んでいただくために、無断で日記をコピーした未映子の日記をはじめてみました。※追記。公式ブログができたので閉鎖しました。

 公式サイトがウェブページ作成の初歩を理解していない素人がやっていることは明らかではあるが、いかに素人にしてもレベルがあまりに低すぎる。あいかわらず日記の目次に日付とタイトルさえ入れずに不便極まりないが、いまどき小学生でももうちっと考えてページを構築しておる。
 とくにニュースページを別に設けているのが莫迦の極みで、訪問者のうちあんなページに行くのは半分もいないであろうし、またあれだけ見にくいページであれば情報を的確に受け取ることのできるものはさらにその数割にしか過ぎないであろう。つーか、ライブやメディア登場の最新情報をトップページに掲げていないアーティストサイトなんてほかにあるのかね?
 己の仕事がなんであるのかまったく理解しておらず、とうてい金を取るような代物ではない。この程度の人と情報の流れくらいは学校なり職場なりで教えていると想うのだが、教わる以前にこんなことも判らん人はこの手のお仕事に向いてないので転職すべきである。
 はたまた、これはウェブ担当の責任なのかどうなのかはよく判らないが、このニュースページの内容が出鱈目極まる。
 テレビやラジオ出演情報を何故か載せないために何度も見逃したり、映画の主題歌になったことさえ一切載せていない。逆に大阪のラジオに出るというので東京で凄まじい雑音まじりの放送を2時間も聴いていたら結局出てこないなんてな酷い目にも遭わされた。あとから調べてみると確かに出演予定はあったものの、数日前には出ないことが決定していたことが判った。
 あたしはもう怒り心頭に発した。とにかく、検索拒否に関しては、いったいどういう輩がどのような目的でもってやっているのか明らかになり、なにより検索可能になるまではコピーページを続けるつもりであるので、よろしく。
 なんせ内部の者がやってるのだからグーグル八分どころの騒ぎではない。ビクターエンタテインメントもこんな輩を雇っているのは株主に対する背任行為に当たるはずである。はっきりさせてもらいたい。レコード会社が腐っているとは云っても、いくらなんでも限度というものがあるのではないのかね。

 未映子の以前の公式サイトの日記もあたしが保存していた分を合わせてアップしてみた。何故かいまのサイトには載せられてないのも面白いのばっかり。こっからもう全部順番に読みなさい。
 日付はかなり情報を集めてみたが、最終的にははっきりとは判らないので間違ってるかも知れません。なんで日付なんてな当たり前の情報で、こんな苦労をせんとならんのか。

 ついでに月刊ソングスに掲載された詩も載せてみた。もうほんとに詩は素晴らしい!
 月刊ソングスには未映子の摩訶不思議なる絵も添えられていて、さらに何倍も素晴らしさが増幅しておりますから、月刊ソングスサイトからバックナンバーもまとめて購入いたしましょう。1冊500円ですから絶対に損はありません。
 詩集を出したい出版社は早い者勝ちですぞ。