絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2002/8/20  飛鳥を殺されたのは貴様もか?!

 あたしはウェブ上の揉め事なんぞにいっこうに興味がないのであるが、メディアのゆくすえを指し示すかも知れんということで2ちゃんねるのひろゆきと切込隊長のケンカには注目していた。
 これが内情を識らない者にはじつに判りにくい展開で、とくに切込隊長がひろゆきに対して放った「まだ2ちゃんねるの管理人でいられるとでも思ってるの? 」というセリフの意味するところが、あたしにはよく判らんのであった。
 それがケンカの舞台として用意されたひろゆきvs切込隊長ボクシング試合企画4(@w荒スレに4日前に出てきた謎の人物の

    

245 :参加するカモさん :02/08/16 01:17 ID:wMwMpfeL

>>240

ひろゆきも夜勤も救おうと思ったら、見た目別れたようにして
おかないとどっちも倒れて終わる可能性が強いだろう。

 × もう残された時間はあまりない。
 ○ もう時間は残っていない。

悲しいけど、ひろゆきは芽がなくなった。

メディアに叩かれ始めないうちに、夜勤主導で何とかするか、
ポスト2ちゃんねるを作って避難所を作る他ない。

という発言ですべてが判ったような気になったのであった。
 この ID番号「wMwMpfeL」の謎の人物(えー「参加するカモさん」というのはイベント板で無記名で書き込みをすると全員につく名称なのでお間違えのなきように。あらためて考えてみると見事なまでに殘酷なる名付けではあるな)はこの夜だけ顕れて己の心情を吐露して去っていったのだけど、あたしは2ちゃんの命運やメディアの未来なんてことより、とりあえずこの謎の人物の発言に興味を掻き立てられた。これはまさしく飛鳥を殺されし者の慟哭である。

 このスレは1ch.tvウォッチスレと同じく何故かどうでもいい雑談をする連中が多くて、なんでわざわざ試合が開始されたリングにしゃしゃり出てくだらない世間話をはじめるのかあたしにはまったく理解できんのだけどとにかくうざいので、謎の人物と対話相手の夜勤氏と流れを読むための最低限の発言だけのよりぬきをつくってみた。
 ほんとは誰かがやるだろうからそこにリンクを張らせてもらおうとリアルタイムで読んでから4日間待っていたのだが、もうひと山ありそうでそこで流れがはっきりするからなのかどこのウォッチサイトもスルーしている。そのうちBWPとかぶるような気もするが、まあ2ちゃん用ブラウザを使ってない自分のためのまとめとしていいだろう。上記のスレの240から後を全部、あるいはそもそもの経緯を最初から読むに越したことはない。

 これによるとwMwMpfeL氏はなにやら護るべきものを持っているらしく、ひろゆきの訴訟相手が戦術として周囲にも賠償を被せてくる恐れがあるので袂を頒ったとのこと。これはまあ別れたあとの己への言い訳くさいところもあるものの、いずれにしても言い訳だの悔恨などあるうちは<絶望>とは云えぬ。悔いなどというものはあくまでも己への慰めで、護るべきものはおろか後悔さえ赦されないところから<絶望>ははじまるのだ。
 そもそもここで言及されているひろゆきの危機とかいうのはこれまでも十二分にあったわけで、これまでと同じように案外ひょいひょい躱してしまうような気もする。だいたいが破産や刑事罰なんてのもべつに大した話ではなく、歴史的に見てグーテンベルクの破産以来、新しいメディアのほとんどはそこから出発している。現在の既存のメディアがだらしないのは刑務所にさえ入ったことのない連中がやってるからで、法だの律だのに準じているようではまともなメディアとは呼べないとも云えるわけだ。
 つまるところwMwMpfeL氏の飛鳥はひろゆきではなく、己の想い描くひろゆきとのズレである可能性があるわけで、これからじわりじわりと彼の飛鳥が殺されるという展開がありうるわけである。一連の騒動が限りなく色恋沙汰に見える由縁でもあろうか。
 もっとも、事業化の話のときに、2ちゃんねるを側面から支える正統派のメディアを育成する必要はあるのでないかとあたしは想っていたのだが。一応そんなことも頭に置きながら国際個人通信社なんてな話も書いたんだが。wMwMpfeL氏の話のように既存のメディアからの2ちゃん攻撃がはじまるのだとしたら、なかなか見物のような気もする。あたしは既存のメディアの威力というものを結構脆弱な張り子の虎じゃないのかと甘く考えているのだが。とくに護るべきものを持たない相手に対しては。
 はっきりさせてくれるのなら、どっちに転んでも面白そうではある。歴史上、この手の対決では新しいほうが勝っている場合が多いのだが。はてさて。
 2ちゃんねる研究が繰り返し強調しているネットのメディアとしての<弱さ>みたいのものは、すべてのメディアの初期に云われていたこととあんまり変わらないとあたしは見ている。これまでとちょっと違うのは既存のメディアというか既存の企業の生き残り策が大規模かつ戦略的なことで、著作権の問題だけが注目されてるようだがもうちっと大きい視点で歴史も踏まえて視る必要があるんではないとあたしは想っている。

 あたしはメディアから情報を取っ払うとどうなるのかなと考えつつハトを盗むなんてな駄文を綴って、この「ハトを盗む」てタイトルは一応二重意味でこりゃ我ながらひねりがないなと想っていたのだが、謎の人の文章を読んでいると結局こんな方向しかないような・・・・・。
 タイミング良過ぎ。