絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2006/10/8  新生!!絶望書店

 絶望書店も場を移転いたしました。
 http://www.zetubou.com/
 少しでも簡便にするために、http://zetubou.com/ にしようかとも考えてみたのだけれども、どうにもこれでは z が // にのしかかられて窮屈ではある。閉所恐怖症のあたくしには耐えられそうもない。
 元々ローカルファイルと区別するにはなんらかの記号は必要にしても、なにゆえ www なんつうのを頭に付けて、いまだに頭に付いているURLが多いのか、由来はよくは知らんのだけれど、なるほど // に対抗して押し戻すには両手を拡げた w 三つというのはそれなりに意味があるのではなかろうかと、いまにして初めて悟った次第。
 http://zetubou.com/ でもアクセスできるようにはしておりますが、正式アドレスは絶望も末広がりっぽい http://www.zetubou.com/ で御願いいたします。
 
 絶望書店がどうにかこうにかこれまでやってこれたのも皆様方がさまざまなる思惑の許で絶望書店に縁を繋いでいただいている賜で、場を変転したのちに変わらぬ地位を保てるか否かも皆様方の力ただそれのみに掛かっているのであって、皆様方の責任は重大であります。うかうかしてはおられませぬぞ。
 
 これまで絶望書店が場を占めていた Interlink は当時としては一番格安だったのですが、時代に取り残されてえらい割高になってしまって、いや Interlink も時代に合わせたる安い広大なるスペースのコースをはじめたのだけれど、これまでの古顔は打ち捨てられてコース変更も適わず、難渋しておりました。
 まあ、 Interlink も絶望書店もまさかこんなに続くとは想っておりませんでしたから、ウェブの荒波を潜り抜けてここまで生き残っているだけでも感慨ひとしおなのではありますが。
 できるだけURLを変えたくなかったので、こつこつやりくりでぎりぎりまで頑張ってまいりましたが、いよいよ最終決断を迫られたわけでございます。
 なんにせよ、こんどの場所はこれまでと比ぶるにほとんど無限と云ってもいいスペースがございますので、いろいろと新しい展開もできることでしょう。
 これまで日記の更新があまりなかったのも、以前の場所の容量を考えてたというような事情もあったりして、これからは更新も増えるやも知れず増えないやも知れず、なんせ選択肢だけは広がったということであります。
 絶望ルネッサンスに注目あれ。諸氏のよりいっそうのご愛顧を賜ればこれ幸い。
 
 そうだそうだ。これを記すのを忘れてた。
 せっかくドメインを取ったので当然メールアドレスも変えようと想ったのですが、どうも新しく契約した処のメールサービスは不安定らしくて仕事に使うには問題があるみたいなので、当面これまでのアドレスでいきます。
 安い処と契約するとろくなことはない。みんな貧乏が悪いんや。世界を革命する力が必要や。