絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2001/11/28  1ch.tv!新たなるメディア!!

 1ch.tvのありようを観ておりますと、商業活動というのは貨幣流通や物流なんかの物理的基盤のほかにいろんな要素で成り立っていることにあらためて気付かされます。それは一般的に「信用」や「信頼」なんて言葉で言い表されておりますけど、どうもそれだけでもないような気がいたします。
 レッシグの『CODE』では商業の力というものがすべてを決定するほど巨大であると考えられておりますが、はたしてそんなものでありましょうか。たしかにレコード会社はナップスターの息の根を止めましたけど、それで「正規」の音楽ウェブ流通が確立したわけではない。そこには何かほかの力が必要とされているようです。
 『CODE』に則すると「規範の内面化」なんてことなのやも知れませんが、これでは説明になっておりません。自然に変化するのを待っているわけにはいかず、どうにかして皆の意識を一定方向に変容させてコンテンツに金を出させるようにせねばならぬのですから。
 とりあえず第一弾のコンテンツ事業では完敗した<商業>陣営ですが、次は世界的巨大資本によって遙かに大規模なシステムを構築して攻勢を掛けるようです。あるいはこんなコード(アーキテクチャー)を組み上げることで、今度は成功するのかも知れません。
 それはそれで結構なことですが、1ch.tvが提唱しているような個人の情報発信に対する利益の還元なんてものとはまったく無縁の話であります。こっちはこっちでなんらかの方法論がいることでありましょう。

 さてさて、 ( ゚д゚)ポカーン祭のあまりの慘状に、年金氏を解任し1ch.tvを「正常化」せんとするクーデター騒動が勃発しました。出資企業や提携先がまともな経営を願うのはあたりまえのことですが、ほとんどのウォッチャーたちまでもがそう望んでいたようで、なんと愚かなる人々でありましょう。1ch.tvをどこにでもある普通の掲示板にして何が面白いのでしょうか。年金氏を切るなど、金の卵を産むガチョウを殺すようなものです。
 あたしはこの顛末をひやひやしながら見守っていたのですが、さすがに西さんは大したもので、「正常化」などという見当はずれの訴えをしていた莫迦者連中を退けてそれまでの路線を死守しました。
 クーデター騒動とちょうど同じ時期にランダムハウス社が電子出版子会社を閉鎖するという発表があったのは象徴的ですが、まともな企業がまともなことをやって成功するほどコンテンツ事業は甘くないのです。これまでとはまったく違う方法論を確立しないといけないのですから。

 絶望書店は開店以来4年間、顧客情報を恣意的に使ったことはありません。そんな実績などには関わりなく、人々は普通そんなことはしないだろうという社会全般への信頼によってこんないかがわしい本屋に前払いで注文を出すのです。信頼以前に疑いが浮かぶことさえほとんどありません。恐慌でも起こらない限り社会全般への信頼は揺るぎません。いや、そんな状態を恐慌と呼ぶのですが。
 はっきり申しまして、この出鱈目のかぎりを尽くしてきた絶望書店主人にしてこんなことを書いて皆様に考える隙を与えること自体、商売人としては怖いことです。あの無茶苦茶の権化のように云われている2ちゃんねるでさえIPを取ってないという建前で成り立っており、旧来の意識の産物に過ぎません。
 それに引き替え、1ch.tvのなんと軽やかに旧弊なる意識を嘲笑い天高く飛翔することか!!つぎつぎと我々の常識とやらがどれほどの確かな根拠を持っているのか暴き立てていくのです。ぬるま湯に浸かった人々をやすやすと恐慌に導くのです。我々はただ ( ゚д゚)ポカーンとするよりほかはない。
 自分はものが判っていると想い込んでいるウォッチャーたちは何が起こっているのかも理解できず、理解できないものは電波だとかなんとか判りやすい適当なラベルをつけて眼の前から排除しようとするだけです。
 新たなるメディアはつねに( ゚д゚)ポカーンから始まることが判っていない旧世界に取り残された莫迦者どもなのです。

この項、下に続く↓