絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2001/9/29  誰かがサボってる

 前回は「ウェブによっていろんな意見が視えるようになったのは結構なこと」なんてことを申しましたが、じつはそうでもないのです。
 あたくしは以前から普通のワスプが米国のユダヤ系メディアやらイスラエルやらについてどんなふうに考えているのかに興味がありまして、今回あらためてウェブを巡ってみたのですがどうしても辿り着けませんでした。
 あたしが米国のウェブ事情に疎く、最近米国で流行らしいウェブログとかいうのもうまく使いこなせず、そもそも英語も苦手で、まあデジタルデバイドとか云うやつなんでしょうけど、これはあたしの能力不足だけから来ているのではございません。
 たとえば海外ヲタク系サイトについてはウォッチャーが沢山いて、個人サイトや掲示板の特定の発言なんかにあたしでも容易に辿り着くことができます。
 それに引き替え、これだけのお祭りがはじまっているというのに、日本のサイトでリンクを張られている海外ページは有名人の声明や巨大メディア、せいぜいslahsdotレベルで米国の個人の声などまったく視えてきません。個人と個人が繋がってないのでは、ウェブの甲斐がなんにもない。マスコミが当てにならないいまこそウェブの出番のはずなのに、マスコミと同じレベルのことをやっている。
 日本にはネットウォッチやら個人ニュースサイトやらが無数にありますが、みんな不気味なくらいおんなじ内容です。どうせやるなら米国の個人サイトや掲示板を巡って分類見出し付け、できれば翻訳なんかをすれば、このご時世ですからすぐにケタ違いのアクセスが集中するでしょうに、どうしてだれもやりませんかね。前回云ったように、この戦争の主戦場は前線から一番遠く離れた処にあるんですから。
 いや、こんなお祭りになる以前に海外の個人と繋がるというのはウェブの王道のはずなんですが、なんでないのか。米国内や日本国内限定でのウェブログなんかより、よっぽど意義があるというに。
 あたくしは日本のちょっと古い時代の役に立たない部門を担当していて、海外やら現代の役立つ情報やら、そっち方面はあなたに任せたというのに、これでは困るではないですか。あたしとまだ視ぬ遠くの誰かさんとが繋がっていないのは、間を取り持ってリンクを張るべきあなたがサボっているせいなんですぞ。

 もっとも、こういう事態になると巨大メディアと同じく個人の発言もどこまでまともに受け取ってよいものかは怪しくなってきましたが。
 たとえばHotWiredで紹介されているイスラム教徒と称する人の掲示板の書き込みですが、あんなとんでもないことがまさに起こっている現場で、ぼーぜんじしつになっているはずの人々がいちいちお互いの人種を確認してから助け合ったりするものなのか。この記事についてのツッコミも探しましたが見つけられませんでした。
 イスラエルについての発言で唯一辿り着いたCNNの掲示板も、すでに普通の人の普通の意見ではなくなっておりますし。それにしてもここで頑張ってるイスラエル人の発言は逆効果のような気がするんですが。普通の米国人はこんな言葉で説得されたりするのでしょうか。

 それはそれで怪しい発言として分類して繋いでくれないと困る。ほんとはさらに踏み込んでウェブと現実世界の戦争がはじまってくれたりすると、あまりパッとしない地上の戦争より面白くなるんですが。
 <ネチズン>とか恥ずかしげもなく云っていた人たちはどこにいってしまったのでしょうか。いよいよほんとにやり合える場面が来たら、敵前逃亡なんでありましょうか。
 まあ、国家と対抗するかはともかくとして、とりあえずは米国の個人サイトを分類するだけで巨大メディアとは張り合えますよ。湾岸戦争でCNNが確立したように、ほんとの個人メディアが立ち現れる千載一遇のチャンスのはずなんですが、あんまりこんなことを云ってる人もいないような。HotWiredの一連の個人ニュースサイト記事も、もうひとつ威勢良くぶち挙げたりはしておりませんな。
 米国に於いて個人と巨大メディアではやはり取材力の差が出ますが、日本のマスコミは海外メディアからおこぼれをもらってくるだけですので、やりようは大いにあります。狂牛病の欧州の個人サイトとか。ネットバブルなんかよりは遥かに大きい波が来てるんですよ。
 こっちの闘いのほうが絵になりにくい貧民相手の山岳戦争なんかより、ましてや反戦運動なんかより見物です。無駄に人生を費やしてる留学生や外語崩れは腐るほどいるでしょうから、適当に駆り集めて参戦しなさい。首を獲って名を挙げろ!ヤフーを凌ぐ最期のチャンスだ!バーバレラを嫁さんにしろ!!!!
 ほんとはアラブのヲタクについて一番識りたいんですがね。

  10/17 チューリングテスト被験者たち2も参照のこと。





«

»