絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2001/7/23  ウェブ二河白道

 亜樹氏が主催していた<古本屋さんに行こうよ!>を別のグループが受け継いだサイトふるほん横町が閉鎖してしまったようです。
 去年の秋にGoogleが日本上陸した時点で、すでに<古本屋さんに行こうよ!>の歴史的役割は終っておりました。亜樹氏は学業が忙しくなったからとか云っていたようですが、Googleが一般的になってきた今年の2月に運営を降りたのは、さすがにこの人は頭がいいなとあたしくは想っておりました。
 古書検索を続けてもGoogleで検索できないようにしている閉鎖的な古書店を利するだけになる。いや、べつにそれでもいいのですが、オープンな独立系古書店があとを受け継いで運営するのはやはり矛盾しております。
 この手のサイトを続ける意義があるとすれば、閉鎖的な処もすべて含めたYahoo!オークション方式のユーザー投票による店の格付けしかないだろうとあたしは視ていました。もっとも、業界すべてを危機に陥らせるほどの悪徳店もないようですし、大きな軋轢を引き起こしてまでやるほどの価値があるかどうかは疑問ではありますが。
 結局、方向性を見出せないまま崩壊してしまったようです。

 さても<古本屋さんに行こうよ!>の存在意義は絶大でした。
 Google上陸以前のほかの検索エンジンはデータ更新が反映されるまでに2,3ヶ月も掛かり、何故か引っかからないままのページがあったり、かなりいい加減でまともに役には立ちませんでした。Googleが上陸すると、ほかの検索エンジンは更新スピードも精度もあっと云う間に改善されましたが、できるんならもっと早いとこやってもらいたかったもんです。
 そんな中世暗黒時代、突如として顕現した<古本屋さんに行こうよ!>は殊に独立系古書店にとっては救世主のような存在で、いま絶望書店日記なぞを読んでいるなかにもここから辿ってきた諸氏が数多くいるはずです。
 独立系のなかでもYahoo!オークションにもEasySeekにも参加していないほんとの孤立系である絶望書店なんかには、<古本屋さんに行こうよ!>のゆるゆるの網はいい塩梅の距離感で、心地よいものがありました。

 当方がYahoo!オークションなんかに参加したら売上げが倍以上になるのは判っているのにやらないのは、己の店を出している意味が無くなると想っているからですが、近頃どうもこんな考え方も間違っているのではないかと疑念が射すようになってきました。
 よくリンクを張られるのを拒否するのはウェブの根本思想に反しているとか云う方がいて、それはそのとおりでもあるのですが、突き詰めていくと自分のサイトなんかを持つということ自体が矛盾しているような気もしてきます。
 個々が確立しているからこそ間を結ぶリンクの意味があるという考え方もあるでしょうが、しかし、情報発信は2ちゃんねるなんかでやって、商売はYahoo!オークションでやるといった具合に、完全に全体のなかの部品と化することこそ蜘蛛の巣思想に沿っているのではありますまいか。
 自己同一性融解とか云ってたのはじつのところこのことでありました。ちょうどこんな結論に達していた頃に図らずもあめぞう2000なんて大手の部品のひとつにされてしまって、つくづく考えさせられたわけです。
 本を直接売る話で珍しくよそ様にちょっかいを出したのも、なにやらウェブ書店の優位性というものをしきりにほのめかしておられる方にこのあたりのヒントをもらおうかと想ったのですが、結局よく判りませんでした。いや、ネットワークそのものの優位性なら最初から判っているのですが、それならYahoo!オークションでもいいわけですし、賢い出版社のなかにはすでにYahoo!オークションで販売しているとこもあったりします。
 いずれにしてもどこからも爪弾きでひとりぽっちの絶望書店にとっては意味のないことではあります。まあ、ひとは当てにできませんな。かと云って、完全に外界とつながりが切れてしまってもウェブ店舖として意味を為しません。
 畢竟、右は灼熱の劫火、左は渦巻く濁流というふたつの河に挟まれた細く白い道を綱渡りで歩む二河白道(にがびゃくどう)しか残されていないということです。まあ、いままでもその細い道をなんとか落ちずにやってこれたわけですが、ますます道は細く白く、これこそ蜘蛛の巣の眞の意味でもありましたか。
 桜姫東文章では堕ちるとこまで堕ちてぼろぼろのあつかいを受けていた清玄ですが、元々の話ではきちんと二河白道を渡り切ったのかどうか、近松全集なんかを読んだのは十年以上前でなんも覚えとらんな。

 絶望書店とはだいぶ立場が違うものの、2ちゃんねるもいろいろ行き詰まって新たなる展開を摸索しているようです。このスレを読んでみると、中央集権と分散とを均衡させたなかなか微妙な道を思い浮かべているようでして。
 この議論はたんなるシステム構築のコスト論のようでいて、じつは当方がぐちぐち云ってるウェブの根本原理の読み解きだったりします。やはり、考えてるひとはきちんと考えてるのね。
 それに引き替え、考えていない者があまりにも多いですな。少なくともウェブが生きる糧になっている諸氏なんかはもうちっと考えてみられたほうがよろしいかと存じます。