絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2007/12/31  高山宏が川上未映子を語る

 絶望書店日記は、ひとさまが書くようなことは面倒なので書かないという方針でやってきておりまして、芥川賞候補になってから川上未映子も世間に注目されるようになって、あたし風情がわざわざ取り上げることもないだろう、もうあとはたとえノーベル賞を取ったとしても川上未映子賞が世界最高の芸術賞として制定されたとしても二度と再び未映子については書くまいと硬く心に誓っておったのですが、あっさりと書かねばならぬ事態が生じてしまいました。
 なにかというと、高山宏が未映子をべた褒めという事態です。高山宏が現代日本の作家を誉めてるだけでも意外の感に撃たれたのですが、まあ一時期はカヒミ・カリィなんかに入れあげてたりしていたこともあるらしいからそんなような流れであるかなとも想うのではありますが、問題はここの下のほうにある坪内逍遙大賞奨励賞の銓衡理由でありまして、これが高山宏の文章であることの裏が取れましたので皆様方にご報告しておかねばならぬとかように存じました次第であります。
 つーか、だいぶ前に裏は取っていたのですが、なんでほかの誰もきちんとウェブ上で記録を残しておかんかね。あの授賞式に出席した人は識ってるはずだし、村上春樹については緘口令が敷かれたらしいけど、こっちのほうは問題ないはずなのに。緘口令にも関わらず授賞式のことをミクシィあたりで書いてる者も結構いるというのに、肝心なことを記していない。こういうことは情報の結節点のひとつとして、きちんと報告してくれんと困るよ。
 先日出たフリーペーパーのほうの早稲田文学で記述があるだろうと想っていたら、表紙は未映子なのに逍遥賞についてなんも書いてないではないの。この雑誌にとっても寿ぐべきことのはずなんだろうに。これでしかたなくあたしがまた書くことになりました。
 ひとりだけ2ちゃんに書き込んだ者がいるけど、2ちゃんのななしの一言だけの短い書き込みよりは、この絶望書店主人の云うことのほうがいくらかは信憑性もあることでしょう。

 たんに高山宏が未映子を絶賛しているだけならこのあとに高山宏の読んで生き、書いて死ぬでもやってることだから、ことさら逍遥賞のあの文章にこだわることもないのだけど、唯一逍遥賞のほうにしかないのがラブレーの話で、絶望書店日記の前回の川上未映子なんて剣玉でラブレーについて記したけど、ほかにも未映子とラブレーを結び附ける者がこの世にいるとは想ってもみなかったので、これにはたいそう驚いた。
 この時には「町田康というのは古今の文学史のなかでもあれほど破綻のない展開と均質な文章を駆使する作家は他に例がないのでないか」と云ってるけど、考えてみれば渡辺一夫・翻訳のラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル物語』もまさしくそれであって、云い廻しが難解だとか駄洒落のレベルがどうとかいうことではなく、平板で一本調子だから読んでも読んでもいっこうに面白くなってこないのだった。あの味気なさは町田康と双璧だ。こんなのが文学史上にふたりもいるなんて改めて驚いた。
 この際、未映子にラブレーの翻訳をやらせてみたらおもろくなるんではないかと、高山も掲げている未映子日記の「フラニーとゾーイーでんがな」を読んでいて想う。ガルガンチュアみたいな話は文章に抑揚がなければどうしようもない。
 ラブレーの原語もあんなに味気なく平板なんですかねえ。他の人が訳した『ガルガンチュアとパンタグリュエル』なんてのが出ていることにいま初めて気づいたけど、これでも読んでみますか。未映子に翻訳やらせるほどのガッツのある編集者はおらんかね。

 未映子のほうは『わたくし率 イン 歯ー、または世界』と、次の芥川賞候補になるであろう『乳と卵』のような一見判りやすいがゆえに極めて判りにくい作品が続いたけど、ようやく『先端で、さすわさされるわそらええわ』が本になって、この極めて難解であるゆえに判りやすい一連の驚愕作品群によって未だ懐疑的だった諸氏にも未映子の力量が正しく広まることになるでしょう。絶望書店主人の数年間に渡ったくどい未映子キャンペーンもここでようやく安らかなる終焉を迎えることができるわけです。絶望書店主人のあまりの正しさにはもう註釋が必要なくなった。
 しかし、この新しい本のカバーはせっかくの目立つはずの表紙絵を見難くしているうえに、一番肝心な絶妙のタイトルまで読み難くしていて、どうも心底心穏やかとは云えんところがなんともはやでもあるのですが。そもそもの最初からもっと判りやすく出ていればあたしも苦労することもなかったのに。ってべつにあたしがなにをやったというわけでもないんですが、最後だから想ったりして。

 


2007/12/17  10周年に逃げられた

 今年の12/1は絶望書店開店10周年だというのに、私が店をさぼって遊びほうけていたために絶子に逃げられてしまいまして、絶望しちゃったわ書店を開けなくなってしまいました。
 毎年恒例の行事を楽しみにしていただいていた奇特な方もいたみたいで、どうなっておるのかというメールをいただいたりもしたのですが、まことに恐縮です。
 売上げも落ち込む一方で愛想を盡かされるのもやむを得ません。
 いっきょに挽回すべく、前人未到の10周年記念正札10倍セールというのを開催する予定だったのですが、この人類世界経済史上誰もやったことのなき画期的な目論見がどうも最後のひと押しとなったようで、絶子はひとことも発せずに去ってゆきました。
 これもまた絶望書店10周年にふさわしき顛末であるかとも存じますが、これからもみなさま方のより一層のご愛顧を切に希う次第であります。


2007/11/14  ウェブ考察のためにもっとも重要な本

 いま出ている週刊文春で宮崎哲弥が『戦前の少年犯罪』のことを「画期的な少年犯罪本」というような感じで結構大きく取り上げてるのを見て、前回の戦後もっとも重要な本では一番肝心なことを書き落としていたと云うか、はっきり書いてなかったなと想って、くどいですが念押ししておきます。
 『戦前の少年犯罪』というのは少年犯罪の本ではないのです。
 このあたりのことは管賀江留郎氏もあとがきで明確に云っていますが、少年犯罪というのはたんなるひとつのサンプルとして取り上げているだけで、これは情報の流れ方、メディアというもののありかたを実証的に提示したものなんですな。
 管賀江留郎氏自身も自分は少年犯罪にまったく興味はないと云い切っているくらいで、これは少年犯罪に興味のない人こそ読むべき本です。

 なんか、この本の評価として、よくぞここまで調べたみたいなのが多いみたいなんですが、こんなのを調べるのは簡単なんです。あとがきに、中学生程度の学力があれば一ヶ月でできると書かれていますが、学者なりジャーナリストなりのプロなら半月でできるでしょう。できないならプロとは云えません。チームを組めば3日でなんとかなるでしょう。
 だいたい、戦前の東京朝日や読売はすでにパソコンで簡単に検索することができるようにデータベース化されているんですから。大学とか新聞社、テレビ局内なら無料でいくらでも使えるようになっているわけで。
 あの本ではこういう全国紙だけではなく数多くの地方紙の記事も集めていますし、また管賀江留郎氏は大学ともメディア企業とも無縁ですからこの手の記事データベースをいつでも気軽に使えるという立場ではないので多少の手間は掛かっていますが、それでもまあ大したことはない。
 数多くの記事を短いひとつの文章にまとめるのは大変な手間がかかっていて、少年犯罪データベースのデータ作成には多くの方々が参加してみなさん血反吐を吐きながら全員が脱落してゆきましたが、調べるだけならほいほい簡単に済みます。新聞なんかを読むだけなんですから。

 問題はこんなに簡単なことをこれまで誰もやらずに根拠のないデタラメ情報がえんえんと流れていたということで、これは既成の学者やテレビや新聞だけの問題ではないのです。なんせ、そこらの大学生だって、大学図書館に行けば戦前の記事データベースや戦前の裁判判例なんかは無料で好きなだけ検索できるようになっているんですから。戦後ももちろん。
 こういう基本的なことをやらずに、既成メディアが流している根拠のないデタラメ情報をそのまま受け取って根拠のないデタラメ考察を加えたりしてノイズを増幅する作用に加担している。既成メディアが流している情報を否定しているような人もこういう基本的なことをやらずに反対しているだけですから、イメージによる根拠のない情報を流すという点ではまったく同じです。
 結局のところ、おまえらはSONY以下なのか?で述べたような、ウェブ住民のメディアの結節点としての品質の問題に帰結するのです。
 たとえば、小飼弾氏みたいな人には、管賀江留郎氏もそういう点をこそ読み取ってもらいたかったんだろうなと想われます。
 まあ、たしかにたんなるサンプルのひとつとしては少年犯罪データは衝撃的過ぎて、それ以外の部分もおもしろ過ぎるという嫌いはあるのですが、おもしろさの部分はともかく少年犯罪データが衝撃的に感じるのはウェブ住民がこれまでまともな性能を発揮してこなかった証左でもありますので。
 本来ならウェブ上でデータベースを展開しているだけで充分だったはずなんですが、なんでわざわざ本になんかしないといけなかったのか、管賀江留郎氏はウェブの限界を感じてけっこう愚痴ってますので、ウェブ住民のみなさんはそのあたりのところを、ウェブメディアの部品のひとつとして読み取っていただければと想います。日本のウェブの問題点とはいったいなんであるのかと。
 これから書評もぼつぼつ出てくるでしょうけど、ここまで踏み込んだものがはたしてどれほどあるものやら。

 


2007/11/8  戦後もっとも重要な本

 少年犯罪データベースのkangaeru2001氏が管賀江留郎と名前を変えまして、『戦前の少年犯罪』という本を出されました。
 戦前はいまよりも遥かに異常で理解不能な少年犯罪が続発していたことがよく判りますが、そのほかにも戦前の時代というものがよく判るようになってますので、少年犯罪に興味のない方でもおもしろく読めるのではないかと想います。
 たとえば、二・二六事件のリーダー磯部浅一の特異な人間性から、二・二六事件はニート犯罪であることを喝破しております。絶望書店日記の私の大義を否定してッ!!などをおもしろく読まれたような方はぜひにも読むべきであるかと。二・二六事件の大義とはなんであったのか、あるいは大義なんてものは誰かからあたえられるものではなく、またそもそも天下国家を良くしたいなんてことではなくて、己のやむにやまれぬ欲求を肥大化させてより大きなものへと投影したものだと理解できるはずです。
 三島由紀夫の理想とした、己の精神のみによって己が拠って立つ世界全体のほうを構築してしまうような、磯部浅一のニートとしての頭でっかちの偉大さが顕されています。唯識なんてものよりももっと遥かに積極的な、こちらから打って出て組み替えてしまう、支配し征服する力としての世界認識です。しかも見事に失敗してしまうから、よりいっそうに世界と己が実感できてしまう。
 己の構築した物語のなかに入り込んで一緒に滅ぶという、物語創造欲に取り憑かれた芸術家の究極の理想形態がここに現出するわけです。
 旧制高校生の話なんかもおもしろいでしょう。ちょうど中曽根康弘元首相なんかが旧制高校生だったころに、最近の学生は教養がなく知能が低下していると嘆かれてたわけです。ここまでまとまった形で旧制高校生の低脳極悪ぶりを暴いた本はこれまでなかったのでないかと想います。いままでいかにバーチャルな現実と幻想を混同するような旧制高校生像が流布していたのか、驚くべき内容です。教養とはなんぞやということを考えるためには必読です。
 戦前のひどさだけではなく、あの時代の自由奔放さも如実に判るようになっています。

 管賀江留郎氏も云っているように、不思議なことにこれまで誰ひとりとしてこんな基本的なことを調べようともせずに、なんの根拠もなく日本について論じていたわけです。戦後に数多く出された日本論のたぐいはすべて空想と現実を混同した贋物だったわけです。
 そうなると、はじめて確かな根拠を示したこの『戦前の少年犯罪』という本は、戦後もっとも重要な本と云っても過言ではないということです。いや、戦後唯一重要な書であると云うべきでしょう。戦前について明らかにしたことではなく、戦後の、そして現在の言論界の低レベルぶり、根本的な教養の欠如を明らかにしたことにおいて、そうであるのです。
 現在の知的退廃について漠然と感じているような人も、ここまでの実証的データによって裏付けされていないのなら、それは検証を経ていないたんなるイメージに捕らわれているだけなのは同じことで、結局は知的怠惰集団の一員に過ぎないのです。自分は判っているように感じている読者にも、その知的姿勢を鋭く質す恐るべき本なのです。
 これは戦前の書ではなく、現代の問題点を浮き彫りにしたまさしく現代の書であります。現代においてこそ読まれるべき書であります。
 みなさま方もぜひ一読されんことを、この絶望書店主人からも強く推奨いたします。

 

 

『戦前の少年犯罪』 管賀江留郎・著

昭和2年、小学校で9歳の女の子が同級生殺害
昭和14年、14歳が幼女2人を殺してから死体レイプ
昭和17年、18歳が9人連続殺人
親殺し、祖父母殺しも続発!
現代より遥かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、
恐るべき子どもたちの犯罪目録!
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?
発掘された膨大な実証データによって
戦前の道徳崩壊の凄まじさがいま明らかにされる!
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに
妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

目次
 1.戦前は小学生が人を殺す時代
 2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
 3.戦前は親殺しの時代
 4.戦前は老人殺しの時代
 5.戦前は主殺しの時代
 6.戦前はいじめの時代
 7.戦前は桃色交遊の時代
 8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
 9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代

 


2007/10/31  おまえらはSONY以下なのか?

 1年近くの懸案事項が一段落してウェブなんぞを見ていたら、ソニー、「Connect」ミュージックストアを閉鎖なんてニュースが目に入った。
 えらいあっさりやめるな、意地でもやり続けると思ってたのにとよく見てみたら、来年の3月以降か。あの失敗振りから考えれば十二分に気の長い話ではある。
 ひさしぶりにソニーへの興味が沸いていろいろ見て回ってたら、CNETにCONNECTプロジェクトがソニー復権の切り札にならなかったわけなんて背景解説記事が1年以上前に出ていたことに気づいた。この頃にはすでにソニーネタはお腹いっぱいであたしも飽きてて読んでなかったのだな。
 これを読むと、絶望書店日記の2005/11/24  Sonyを讃えよ!いや、まじに。で取り上げた2ちゃんスレ【特命】ソニーコネクトカンパニーを語ろう【匿名】の内部告発は極めて正確にすべてを余すことなく語っていたことがよく判る。
 問題はこれだけ正確な情報が事前に出ているのに、この点を掘り下げた記事がアメリカの記者が書いたものの翻訳しかないということだ。これはソフト開発の失敗の話ではなくて、その目も当てられない失敗作が誰にも留められることなく市場に出てしまったというより深刻な異常事態の話なので、市場に出すことに断固反対した米国ソニーではなく日本の問題であるはずなのにである。しかも、このCNETの記事なんかよりも遥かに本質を突いた現場の証言が半年以上前に出ているにもかかわらずである。
 これはスポンサー云々とかではなく、日本のジャーナリズムのレベルの低さを如実に顕しているとしか云いようがない。あのスレで告発した中の人を、本人でなくとも開発部隊の人はどうせ全員同じ不満を抱えていただろうから匿名ならいくらでもぶちまけてくれるだろうに、取材して記事にしようという者がどうしてひとりもいないのか。

 2ちゃんスレの告発のずっとあとに出た『技術空洞』ではCONNECT Playerの失敗についても大きく扱われているが通り一遍のことしか書かれてないし、最近出た『プレステ3はなぜ失敗したのか?』でもウォークマンの失敗について一章割いているのでそこだけ読んでみるとこのCNETの記事をまとめただけの代物で、どうせひとさまの記事をそのまままとめるだけなら2ちゃんスレの告発をまとめたほうが幾分かでも面白味も出ようというものだろうに識らなかったんだろうか。

 こういう既成の出版界の書き手にはすでになんの期待もしてないのでどうでもいいんだが、ウェブの世界でもあのスレをまとめているサイトはおろか、ブログで触れている者さえ10人もいないのではないか。これはいったいどういうことなのか。
これだけソニーの凋落が話題になっているというのに、ここまで高度な内容で驚くべき実態を暴いている内部告発に注目しないというのは、ウェブ住人のレベルの低さを如実に顕しているとしか云いようがない。
 開発の最中にあんな告発を中の人がしたのは、こんな莫迦げた開発はとっとと中止になってほしい、少なくとも世に出ることだけは留めてもらいたいという一縷の望みがあったんでしょう。あのスレがウェブ上で話題になっていれば、あるいは留められたかもしれんが、まったく識られることさえなかった。あそこまで克明に自分のいる世界の恥をさらすことに踏み切らざるを得なかった中の人の悲痛な想いを受け留められなかった。あそこまで克明に内部事情をさらすことはかなりの危険を伴う行動だと当然自覚していたのだろうが、ウェブはその決死の覚悟を見殺しにした。
 CNETの記事には多くの者がはてブを付けているのに、遥かに重大な2ちゃんスレにはひとりもブックマークをしていないというのは、アメリカさんの記事を翻訳しているだけでこと足れりとしている既成のメディアとなにもかわらんということだ。
 いや、べつに勇気ある中の人のために立ち上がれとか、正義のために真実を暴けとか云っているのではなくて、単純にこれだけおもしろい情報に喰い付いて増幅する作用がないのでは、メディアとして、情報の結節点のひとつとして、ウェブ住民のひとりひとりに根本的な欠陥があるのではないかと云っておるのだ。
 CONNECT Playerというのは素人がひと目見ただけで使い物にならないと判断できる明確な欠陥品で、とにもかくにも製品としてはきちんと動いて100万台以上売って<失敗作>と云われているプレステ3とはレベルの違う正眞正銘のゴミであって、まあソフト開発の失敗というのはありうるとしても、それを市場に出してわざわざ致命傷を自ら負ってさらに大変な修復作業に追われることを誰にも留められなかったというのはソニーが根本から腐り切っていることの証左ではあろうが、それを笑いものにしているウェブ住民ははたしてどれほどのものなのか。ソニー製品以上に品質に致命的欠陥があるのではないだろうか。

 CONNECT Playerというのはなかなか味わい深い名前で、情報の結節点のひとつとしてのウェブ住民のひとりひとりのことを指してもいいような命名ではあるが、ソニーのぶざまさ加減を嘲笑ってるような人は、ちょっとは我が身を省みて考えてみたほうがいいのはないかと想う。
 ウェブの新しい仕組みについて云々するのも結構だが、ひとりひとりのCONNECT Playerの嗅覚がやはり一番肝心な機能ではある。いや、マジな話、これからウェブ住人のことをCONNECT Playerと呼ぶことを提唱します。ひとりひとりがメディアであって、情報を増幅して流すための重要な部品であることを自覚するために。
 とりえず、あの告発スレはサルベージして、いつでも読めるように誰かしておいてくださいよ。あれほど重要な情報が埋もれていていいはずがないでしょうが。



« 前のページ次のページ »