絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2007/1/19  トラックバック消された

 前回の不二家は戦前のモラルを復活させたは、内田樹氏の「不二家」化する日本 というエントリーに昨日トラックバックを送ったんですが、半日で削除されてしまいました。
 物事を調べもせずに適当なことを書いてる学者さんに有益な情報を伝達したのに、そういうことをしてはいけなかったのか。
 戦前の不二家記事も、現在の不二家社員やそれに対する人々の反応も、ふたつともがあの論がいかに間違っているかを示し、さらにはあの論がいかに正しいかを裏打ちする強力な補強材料にもなるという、要するに最近よくある、どっちにでも読み取れる、いかに内容のない文章かを浮き彫りにするぴったりのトラックバックであることよとひとり悦に入っていたんですが。
 つーか、あのサイトのMovable Type迷惑トラックバックページからこっちに飛んで来てる人がいるがな。つまり、名前だけ見ていかがわしいと考えて迷惑トラックバックに移して、それから確認してやっぱりいかがわしいと考えて消されてしまったのか。

 こっちはトラックバックもコメントも受け付けてないので他人様のことをとやかく云えるような條理があるわけでもなく、手塚の擬音の時にパフパフ記事にトラックバックを送ろうとして失敗し、今回絶望書店日記はじまって以来最初のトラックバックに成功したと無邪氣に悦んでいたところだったから、ちょっぴり哀しかっただけなの。たんにそれだけ。
 もう、トラックバックなんか送りません。やっぱりへたれひきこもりで一生を過ごします。
 それがあたしのさだめらしい。