絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2003/8/26  がたがた云う前にやることはあるよな。

 少年犯罪を考えるを管理されているkangaeru2001氏は、あくまであれは無断でコピーしたミラーサイトであると頑ななまでにデータの変更や追加をやらなかったのですが、今月になって方針を転換されました。
 基となったサイトは大変な労作でウェブ黎明期には貴重な存在だったのですが、とくに昭和20年代や30年代前半は弱く、間違いも多く、ほんとは閉鎖された3年前に歴史的役割を終えて、もっとまともなデータベースが構築されるべきだったのです。kangaeru2001氏も当然そうなるだろうと考えていて、あれはそれまでの空白を埋める臨時の繋ぎに過ぎないとされていました。名前からも判るように、まず1年以上もやることになるとは想ってなかったようです。
 ところが、最近の少年犯罪への異常な感心の高まりにも関わらずそのような動きはなく、結局はあのミラーサイトがこれまでよりいっそうに頼りとされて、しかも、昔のデータがあまりないのを見て昔は事件が少なかったと想う者までがいて、これはさすがに問題であると考えるようになったわけです。
 とにかく、3年前に閉鎖されたサイトにいまだに頼るというのはウェブに棲息する者としてこれほど恥ずかしいことはないんではないか。なんとかしたいということでありました。

 とりあえず昭和20年代の事件と13歳以下の事件が大幅に追加されましたが、とくに昭和20年代に関しては東京版の新聞記事の主なところはすべて抑えたと断言して間違いが無く、ようやくデータベースと呼ぶに相応しい体裁になってきました。
 いままでひとつもこういうものはなかったと想うと背筋が寒くなってきます。ウェブについてなにやら偉そうなことをほざいたりしているあなたはもうちっと考えたほうがいいんではないのか?どのツラさげてウェブについて語っているのか知らんが、ほんとに恥ずかしくはないのか?

 ちょっとばかり手伝って昭和20年代の新聞を読み込んでいたのですが、いやあ、昔の事件は凄いですな。有名どころは識ってるつもりだったのですが、大小取り混ぜてまとめて眺めてみるといやはやなんとも言葉もございません。まあ順番に全部読んでみてくださいな。
 やっぱり昔はスタージョンの法則が生きていて10%くらいはクズじゃないほんとに面白いものがあったようですな。昨今のちゃちな詰まらん事件で悦んでる輩の気が知れません。
 昭和20年代前半の新聞は2ページしかなく、しかもまだ日本にも政治や外交があった時代ですから事件記事は1ページの半分くらいしかなく少ないのがまことに残念。夕刊と合わせて6ページしかない後半でもあれだけ多いんですからほんとに惜しい。
 それでも、あまりに破天荒で脳味噌ぶっ飛んだようなのがうじゃうじゃいる一方で、なんと云うか犯罪をメディアとして意識してきちんとスタイリッシュに表現している方がいたりして、嬉しくなってきます。
 グループ名なんかいろいろ凝ってますし、これは両方とも20歳ですから<少年犯罪を考える>には載ってませんが、忍び込んだ家には必ずスペードのエースを置いてきたり、絨毯をはがして竹棒を組み合わせて「DANKE」なんて綴ったりする怪盗がほんとにいたんですな。
 『青少年非行・犯罪史資料1-3 』(赤塚行雄編 刊々堂出版社)にはこの手の20歳代の事件も含めて戦後の新聞記事のほとんどが掲載されていて、お手軽なので好き者にはお奨めです。ただ、僅かに落ちているものもありますし、表現も微妙に違ってますし、なにより写真と古い新聞の薫りがないので元の新聞記事を読むに如くはありませんが。オーミステイク事件なんかはあの写真がないと完全に識ったことにはなりませんし。

 昭和20年代にどっぷり漬かってみてどうもやっぱり現在のウェブはあらゆる点で負けているように感じます。そもそも、犯罪にメディアとして負けている。困ったもんであります。
 昔は貧しさゆえの犯罪が多かったと考えている方が多いのですが、当時の統計でも少年犯罪に限ると貧困家庭よりも中流以上家庭のほうが犯罪率は圧倒的に高いのです。<少年犯罪を考える>のデータを読んでもその点ははっきり判ると想います。
 なんか昔のほうが豊かさを感じさせます。まあ、この時代に比べると犯罪数が圧倒的に減ってるので最近の少年犯罪がしょぼいのは仕方ありませんが、ウェブが豊かさで負けている感じがするのはどうしたもんか。

 そう云えば、杉並切り裂きジャックのほうの脅迫状も完全なものになりまして、あれはとくに英文が間違いだらけだったのですが、ちゃんと元のジャックが書いたのを読むとじつに立派な英文で、あたしがたまに海外からの問い合わせにひーひー云って書いてる文章と比べれば見事なもんです。
 あんなことをやらかした次の日に被害者の家にあんなものを届けてるんですから、残虐さのほどはたいしたもんであります。

 ところで、これはkangaeru2001氏の意向でもあるのですが、ブロッグやらなんやらで新しい仕組みのウェブプログラムなんかを構築されようとしている方は<少年犯罪を考える>のデータを勝手につかっていろいろやってみませんかね。
 最近の詰まらんニュースや日記なんかより、あの手の実の詰まったデータのほうがやる価値があると想いますが。だいたい、最近の情報で苦労して蒐集加工してまで読むに値するものなんてひとつもないでしょうが。そんなものは「読まない」というのが一番便利なプログラムです。
 <少年犯罪を考える>のデータもあれだけ増えるとずらずら並べているだけではさすがに興がない。あんまり多いので落としているデータもありますし、なんか仕組みは考えんとならん。とりあえず、すべてのデータにアンカーくらいは付けようと想ってますが、なんか想い付いた諸氏はよろしく。許可なんか取る必要はないですから。
 個々のデータにそれぞれ感想欄なんかを付けるのはやっぱり無理があるかな。なんか、やりようはあるよな。