絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2002/11/9  しっぽを廻せ!

 ジュニア・チャンピオン・コースの『NHK番組 レンズはさぐる』が売れたので発送前にちょっと読んでおりましたら、なかなかおもしろい話が載っておりました。
 ネズミは港に碇泊している船に渡された綱をつたって行ったり来たりするわけですが、脚を滑らして落っこちることが結構あるんだそうです。しかし、落ちたときはシッポをヘリコプターのプロペラのようにぐるぐる廻して躯のバランスを取り(多少の横移動もして?)、下に渡された綱にうまい具合に着地するんだそうです。
 そんなケンケンのシッポみたいなことがあるのかいなと想いましたが、番組で実験してみたところほんとのことだったと判明したそうです。残念ながらこの本には実験の画像などは載っておりませんでした。ちなみに番組スタッフは何かの本を読んでこのことを識ったのだそうです。

 すこぶる興味を惹かれましたのでウェブ上で探してみましたが見つけられませんでした。
 あたくしは自身の情報の検索能力には矢鱈と過大なる自信を抱いておりまして、あるものなら必ず見つけられると想っているのですが、これは難しいな。どういうやり方をすれば、その情報がないと断言できるくらいの検索がこの件に関してできるのか。「ネズミ シッポ 回す」くらいではこぼれ落ちるものが多すぎる。「ネズミ 一行知識」や「ネズミ シッポ 豆知識」が最良だとも考えたが片面だけ攻めてるような気もする。
 なんせNHK夕方の当時のヤングのゴールデンタイムの少年ドラマなんかと並ぶ番組『レンズはさぐる』とジュニア・チャンピオン・コースのこんなおもしろい情報を誰も採り上げてないのは腑に落ちんから落ち着かん。
 うまい方法、あるいはこの件そのものについて情報のお持ちの方はご教示ください。ネズミについて学術的に網羅的に記述したページがひとつもないらしいことは判りましたが。
 いまBSで『ガンバの冒険』を再放送しておりまして、ネズミのシッポにこだわったこの作品にもこんな場面はなかったような気がするけど、こんなおもしろいことが世間には識られてないということでしょうか。ネコのにゃんぱらり受け身よりは遥かに重大なる事実で、共有すべき知識であるはずと想うのですが。われわれ人類は持っているシッポをもっとぐるぐる廻さんといかんのではないのでしょうか。

 『レンズはさぐる』はこの手のちょっと変わった実験をいろいろする科学番組で一見するとずいぶんおもしろそうで、見てみるとあんまりおもしろくなかったような記憶があります。もっとも、こんな地味な番組に興味を掻き立てられる方こそが科学者としての資質があって、役に立たない奇想的なことばかり喜ぶあたしみたいなのは世間の役に立たない人間になるということでしょうが。
 地味な実験の写真ばかりがいっぱい載っていて一番おもしろい話の画像がないこの本は、『レンズはさぐる』の特性を顕しているようです。もっとも、ジュニア・チャンピオン・コースはあんがいこういうのが多いのですが。
 前番組の『四つの目』ともどもタイトルが示すように、スローモーションだとか拡大だとか透視だとかの映像を使ったテレビならではの科学プログラムというのが売りの番組でありましたが、すでにテレビがあたりまえになった70年代になんでこんなことをやってるんだろうと当時のあたしは疑問に想っておりました。
 ハイビジョンのようにどうでもいい機材に大金ぶっ込んだために引くに引けなくなっただけやも知れませんが、テレビがちょうどいまの電脳や電網と同じような時期だったわけです。いまもシッポの廻しどきということですが、さてどう廻しますか。