絶望書店日記

本を買うなら
絶望書店

メールアドレス
zetu●zetubou.com
●を@にして送信してください

絶望書店日記を検索


絶望書店主人推薦本
 
『戦前の少年犯罪』
戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

『戦前の少年犯罪』 目次
1.戦前は小学生が人を殺す時代
2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
3.戦前は親殺しの時代
4.戦前は老人殺しの時代
5.戦前は主殺しの時代
6.戦前はいじめの時代
7.戦前は桃色交遊の時代
8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代



二階堂有希子だったのか!!!?ショップ



フィード
 rss2.0


過去
最近記事
カテゴリー










2003/3/8  遊女を虐待する人々1

 平均寿命23歳のやり取りに於いて、小谷野敦氏は遊女の平均寿命についてのご自身の誤りに確信を抱いておられたようである。あれだけ歴史資料の扱いについてやかましく申し上げたのだから、まさか根拠も無しにそんなことを仰るはずもなく、あのわずかな期間で浄閑寺の過去帳なりの一次資料をきちんと精査された上での確信であるのだろう。研究者としてまことにご立派な姿勢で、頭が下がる想いがする。
 あたしのほうは依然として確信を持てなかったので過去帳の内容を細かくお訊きしたかったのだが、当方なぞのお相手に貴重なお時間をこれ以上割いていただくのも申し訳ないし、当方の欲している情報が得られるような気もしなかったし、これからも大いに活躍してくれる金の卵を産むガチョウの息の根を止めるような野暮はするなよという囁きも脳内に聞こえてきたので、自分で調べてみることにした。
 かと云って一次資料を直接見るのも面倒なので、とりあえず「平均寿命23歳」の大元である西山松之助『くるわ』(昭和38年 至文堂)を読んでみた。そうしてみると、あたしが想像していたよりもかなり問題は深刻であることが識れた。

期間 年数 女(信女) 女(信女)*0.9 年平均
第1号 寛保3~安永8(1743-1779) 37年 510人 459人 12人
第2号 安永9~享和1(1780-1801) 22年 563人 507人 23人
第3号 享和2~文政7(1802-1824) 23年 117人 105人 5人
第4号 文政8~嘉永6(1825-1853) 29年 312人 281人 10人
第5号 安政1~元治1(1854-1864) 11年 497人 447人 41人
第6号 慶応1~慶応3(1865-1867) 3年 157人 141人 47人
合計 1743-1867 125年 2156人 1940人 15.52人

 上に掲げたのは『くるわ』に掲載されている表をあたしが再構成したものである。浄閑寺の過去帳は明治以降も続くのだが、江戸時代に限ると寛保3年以降の125年分、6冊が途中欠けることなく残されている。これ以外にも安政の大地震の犠牲者だけのものが1冊あるのだが、地震は当然、遊女以外にも江戸中に多くの死者が出ているので、とりあえず外してよいだろう。
 これは戒名が「信女」の数である。現代の慣習では満15歳以上の女性は「信女」、それ以下は「童女」の戒名を附ける。江戸時代はどうなるのか調べても判らなかったが、「信女」=大人になる=禿(かむろ)から遊女になるというのはおそらく連動しているだろうから遊女のデータとしては問題ないであろう。なんでこんなことを云うかというと、浄閑寺には吉原とは関係のない一般の女性も葬られており、遊女との区別がはっきりしないのである。
 過去帳の記述は、1.抱えている楼主の名と遊女という表記があるもの。2.楼主の名はあるが遊女の表記は無いもの。3.楼主の名も遊女の表記も無いが、俗名が明らかに素人ではないもの。4.上記いずれにも属さないものがある。
 西山松之助は1-3の全部と4の一部が遊女であるとして、上記人数の1割が一般女性、9割が遊女と推測している。江戸時代の過去帳の記述は3のように不備が多いので4の一部が遊女である可能性はある。しかし、この推測には驚くべき欠陥がある。下女についての考慮がまったくないのだ!
 吉原には掃除洗濯や配膳をする下女たちが遊女の7割くらいの人数いた。遊女と違って下女は身請けされる可能性も金持ちになる可能性もなかったし、定年がなかったであろうから遊女よりも平均年齢が高かったはずで、死ぬ可能性も高かったはずである。投げ込み寺に無縁仏として葬られる人数は遊女に匹敵するくらいあったのでなかろうか。
 2はすべて下女であった可能性がある。また、3は売春をしない芸者であった可能性がある。西山博士は芸者も考慮しておらず、あたしは唖然とする。
 さらには浄閑寺には岡場所の遊女も葬られており、吉原の遊女の死者数は上記の半分以下だったのではないかとあたしは推測する。西山松之助の文章を引用したのでお読みいただきたいが、岡場所の遊女も葬られていることはきちんと記述されているのだが、何故か途中からすべて吉原の遊女の数ということに擦り変わっている!こんな出鱈目なものを根拠に研究者の全員が吉原の遊女を語っているのだ!

 あたしは半分以下ではないかと想うが、とりあえず西山博士に従って上記の9割が吉原の遊女の死者数としてみよう。
 125年で1940人だから、1年平均は15.5人である。吉原の遊女の数は時代とともに大きく上下するが過去帳が残っている江戸後期に限ると、禿をのぞいた遊女だけで、1770年(明和7)2130人余、1799年(寛政11)3780人余、1819年(文政2)3870人余、1849年(嘉永2)4680人余ということなので、とりあえず平均3500人とすると年間の死亡率は1000人に5人以下、0.44%ということになる。これは江戸時代の死亡率として果たして高い数字と云えるだろうか?
 上記の表を見ると大地震の犠牲者を外しているのに安政期の死者が多い。これは明らかに「ころり」(コレラ)の犠牲者だろうが、ころりでは人口100万人の江戸だけでも死者10万とも20万とも云われていて、遊女がとくに多いわけではない。慶応はさらに死者が多くてこれは原因がよく判らないが、6冊目は明治と一緒になっているので何か間違いがあるのではないかとあたしは疑っている。とにかく安政以降の異常事態14年分を外すと、111年で1352人だから、1年平均は12.2人で死亡率0.35%となる。安政地震も考慮せずに済み、こっちのほうがデータとしては妥当であろう。
 ここでややこしいのは、吉原の遊女が葬られた投げ込み寺は浄閑寺のほかに、西方寺、正憶院と合わせて三カ所あったということである。しかし、西山博士は大部分は浄閑寺としているので、この数字の2倍になるということはないであろう。つまり、西山推測で0.7%、絶望書店主人推測で0.4%程度が吉原の遊女の死亡率となる。
 これは果たして高い数字と云えるであろうか?西山博士は「一般社会では、ほとんど死ぬことのない年齢層」という奇怪なることを述べているが、若い女性も当然死ぬことはある。

 日本政府は明治24年から生命表を作成しているらしいのだが、政府発行の統計では年齢別の死亡率は何故か明治36年以降しか判らない。これによると満年齢15-29歳の女性の死亡率は明治36年から昭和16年まで0.9%-1%程度で安定していて、スペイン風邪が流行った大正8年前後は1.6%まで跳ね上がっている。なんと!昭和の一般女性よりも江戸時代の吉原の遊女の死亡率のほうが低いのだよ!!!!!死んでも投げ込み寺に葬られなかった遊女がかなりいたとしても、死亡率が高かったとはまったく云えない。
 考えてみれば吉原の遊女は衣食住が保証されていて労働も楽だった。よく遊女の労働は苛酷で過労死が多かったなどと云う輩がいるが、吉原に限れば遊女の仕事の半分は酒の相手で、必ずしもすべての客に肉体的サービスを施したわけではないので現代の風俗嬢と比べれば少なくとも肉体的には楽だった。女工哀史や畑仕事と比べてもどれほど重労働と云えたであろうか。昭和前期までは現実の問題としてあった飢餓の心配がなかっただけでも死亡率が低かったのは当然とは云える。結核が深刻になるのは産業革命が起ってからという事実も関係があるだろうが。遊女だけではなく江戸時代全体がよい時代だったという裏附けにもなるのやも知れん。
 吉原は10年に一度は全焼していてそのたびに多くの犠牲者を出している。心中も多い。また結核などの病気が死因のかなりの割合を占めるだろうから、悲惨派が云う折檻や過労で死ぬ遊女が仮にいたとしても極めて例外的な少数だったことが判る。性病で死ぬ数でさえそれほどには多くなかったということになる。
 ちなみにこの年齢層の死亡率は戦後急激に下がり昭和37年(『くるわ』執筆の頃)には1/10の0.1%を割る。抗生物質の驚異的な威力が判る。現在は0.02%程度で、この10年ほどでもまだ下がっているのは驚く。同年齢の男は倍の死亡率で男は女の2倍悲惨だと云える。
 戦前は若い女性の100人にひとりが死んでいたわけで、美人薄命のお涙頂戴物にリアリティがあったわけだ。

 繰り返すが、あたしは一次資料を見ているわけではないので、上記はあくまで悲惨派の側が唱えている主張を元にした推計値である。一次資料をこの眼で見ないことには断定的なことは何も云えない。過去帳のなかで岡場所の遊女や下女がゼロということがあり得ないのは確実だが。悲惨派が浄閑寺の過去帳だけで死者がとんでもなく多いと主張していることには注意するように。
 悲惨派の主張にはさらに驚くべき事実がある。次回に続く!!





«

»